育毛シャンプー_ImgPic

育毛シャンプーに頼ることのデメリット

最近髪が細くなってきて、腰もなくなり以前と比べると髪が薄くなったように感じられます。
現在髪の悩みを抱える人は4人に1人と言われていますが、それだけ多くの髪の悩みを抱える人がいても、なんとなく人に打ち明けにくかったり、相談しにくかったりするものです。
薄毛は遺伝的要素が高いと言われていて、考えてみると確かに祖父が若い時期から髪が薄かったこともあり、隔世遺伝の可能性もあるのではないかと考えると、これは自分ではどうしようもないようにも思いました。
薄毛に悩む人が4人に1人と言われる時代になり、男性だけの悩みであった薄毛が女性のなかにも悩みを抱える人が出てきて、このようなことからか育毛に関するサービスや関連商品が一つの巨大なマーケットとなってきてたことで、育毛に関する情報が広く世の中に出るようになってきたことから、どのような対策を練ることが良いのかと考えた結果、髪が成長しやすい頭皮環境を整え、髪に成長を促す頭皮ケアをするということを真剣に考えました。
これは、髪の悩みを持たない人に言わせれば、馬鹿馬鹿しいことなのでしょうが、髪の悩みを持つ人には真剣な悩みで、お金がない悩み、その他の病気の悩みと、人それぞれもつ悩みが違うだけで、それを抱える人にとっては真剣なものなのです。
テレビで盛んに育毛シャンプーの宣伝がされていますので、購入して使用してみることにしました。
200ml程度の内容量で4000円から10000円を超えるものまで様々な種類があり、正直迷いました。
ネットでの口コミを見ているとそれぞれの商品にメリットやデメリットが書き込まれていて、見れば見るほど迷うので、4000円程度のものにしました。


育毛シャンプーはネット通販で購入することが一番安い方法であるため、この方法をお勧めします。
さらに、クレジット決済にすればポイントも付きます。
手元に育毛シャンプーが届くと、なぜか元のような硬くて太い髪がふさふさと生えるイメージを連想してしまいます。
これは、育毛シャンプーを購入するほとんどの人が連想してしまうことで、パッケージに書かれている文句から、それを連想させるという消費者心理をついた販売側の戦略と言えるでしょう。
とりあえず、説明書をよく読んで、1ヶ月程度使ってみました。
使用後1ヶ月以内であれば、何がしかの使用感が感じられない場合は、開封後でも返品を受け返金いたしますということが書いてあったので、かなりの期待をしてしまい説明書通りに毎日丁寧に洗髪しました。
使用感としては、洗髪後にすっきりとした感じがして、確かに髪のべたつきがなくなったようにも思えました。
1ヶ月使ってみてあまり変化はなく、しかし抜け毛が減ったような気がするという感じはしました。
それから、3ヶ月続けて試しましたが進歩はありません。
それからというものは高価な育毛シャンプーだけに頼るのではなく、正しい食生活と生活習慣を身につけ基礎代謝能力を高めることに心がけるようにしました。
シャンプーも無駄に高いものではなく、頭皮に優しい、無添加石鹸シャンプーなどの安価なものに切り替え、毎日の食事の中で野菜中心にバランスの良い食生活を心がけ、不足しがちな栄養素をサプリメントで補給し、洗髪後の適度なマッサージなど徹底して行いました。
それから1ヵ月後らい経つと、便秘が解消されて、多少肌がきれいになってきたように感じ、しばらくして髪が抜けてしまっていたところに産毛が生えていることに気付きました。
大きな変化は得られませんが、こつこつとやることが良い結果を生むでしょう。
育毛剤の副作用についてはこちらをご覧ください。