育毛シャンプー_ImgPic

育毛シャンプーの選び方で気をつけたいこと

今巷では育毛シャンプーが流行っています。
ですが年々頭皮トラブルも増えています。
育毛シャンプーを使っているのに、頭皮の状態が良くならなかったりということをよく聞きます。
私は数年前出産した直後ホルモンバランスの乱れや母乳だったこともあり、抜け毛が悩みでした。
前髪がスカスカになり、地肌が見えてしまっているほどでした。
育毛シャンプーを使おうと思い立ち、ドラッグストアやホームセンターに買い物に行ったのですが当時育毛シャンプーと言うとまだ数える程のブランドしかなく、しかも様々な成分を配合することにより、大量の保存料や防腐剤、効果的に見える様に薬用っぽく見せるためか着色料であったり香料であったり数え切れないくらいの添加物が入っていました。
私は授乳中ということもあり、そういった類のシャンプーに手を出す気にはなれませんでした。
それに育毛を促すはずのシャンプーなのに頭皮に刺激にしかならない添加物を多量に配合するという概念も理解出来ませんでした。
本当に頭皮の事を考えるのであれば頭皮の脂や老廃物だけを除去して、必要な皮脂は残すような頭皮に優しいシャンプーを使うことこそが育毛につながるのではないかと考えるようになりました。
そうして色々考えた結果、私が使うことにしたのは無添加シャンプーだったのです。
当時無添加シャンプーは頭皮や髪に必要と言われている成分はあまり入っていないものが多かったのですがそういった成分を配合することにより品質を維持しにくくなった結果、防腐剤などを添加するようなシャンプーを使うよりははるかに頭皮に良いと感じたのです。


こうして私の育毛シャンプーの選び方が定まったのです。
まずは頭皮に刺激になるようなシャンプーは使用しない、授乳中でもあるので添加物が入っているものは使用しない、それが大前提でした。
今でこそノンシリコンシャンプーやオーガニックシャンプーなどがありますが、私が探した頃はインターネットで探してやっと見つかるくらいで店頭にはまず置いてなかったのです。
なので無添加シャンプーを見つける事が精一杯でした。
無添加シャンプーを使い始めた時はやはり髪のきしみが気になりました。
ですがシリコンでキューティクルがメタボになっていたため、無添加シャンプーで頭皮とキューティクルをリセットしたためのきしみだったようです。
使い続けていたらそのきしみも改善され、頭皮だけでなく髪の毛が元気になっていくようでした。
すると抜け毛が劇的に減り、産毛が生えてきました。
すぐにスカスカだった前髪が元に戻っていきました。
私は自分の育毛シャンプーの選び方が間違っていなかったのだなと実感しました。
育毛を謳うシャンプーは沢山ありますが、本当に頭皮のこと、キューティクルのことを考えたら導き出す答えは自ずと絞られてくるのではないでしょうか。
自分の髪や頭皮に良いものは環境にも良いものであることが多いと思います。
エコなこの時代にも合う為、これだけ普及してきたのだと思います。
今は選択肢が多く、様々な種類があり選ぶのも大変だとは思いますが、ご自分の外見を整えるためにも地球の為にも一生懸命選んでみてはいかがでしょうか。
育毛シャンプーの選び方はこちらも参考になります。
私はたかがシャンプーと思わない事で健やかな頭皮と髪の毛を手に入れる事が出来ました。
育毛剤と育毛シャンプーを併用することでさらなる効果が期待できます。